遂にお客さんからオーダーを取り出すサブウェイ勤務3日目

 

勤務3日目、ここまで順調に来ています。
この日の勤務時間も9:30~13:00。

1日目はサンドウィッチをひたすらラップし、2日目はひたすら野菜のトッピングを乗せ、さぁ3日目!
遂にお客さんからオーダーを取り始めます!

どんな感じで3日目の勤務が進んでいったのか、早速行ってみましょう!

 

ミートポジションでお客さんのオーダーを取ってみる

 

勤務3日目、まだまだ覚えることはたくさん残っていますが、サブウェイで働くにあたって結構重要なポジションが通称ミートポジション。(他の店舗でもこの言い方なのかな?)

ここのポジションがお客さんとのファーストコンタクトです。

ざっとまとめると、

  1. ミートポジションのスタッフがお客さんから注文を取り、パンに肉をやチーズなどを乗っけてベースを完成させる
  2. サンドウィッチをベジポジションに流し、ベジポジションの人が野菜・ソースをトッピングする
  3. ベジポジションは2人いるので1人はサンドウィッチを作りながら完成したサンドウィッチをラップする
  4. キャッシャーに何のサンドウィッチか伝える

こんな感じです。

ランチタイムのラッシュが過ぎたところでマネージャーのルルが、「スィッチ!」と私にミートポジションをやらせてくれました。

ここのポジションで聞くことは、サンドウィッチの種類、パンの種類、サンドウィッチのサイズ、トーストするかしないかです。

パンの種類は全部合わせたら全部で8種 
イタリアンハーブ&チーズ・ホワイトイタリアン・モントレーチェダー・9グレインハニーオート・9グレインブラウン・チャバタ・フラットブレッド・ラップ

大体のお客さんは、何をオーダーするのか決まっているので一先ずお客さんからのオーダーを聞き取り、不足している部分を聞きます。

ルルの助けもありながら、何とかお客さんからオーダーを取ることができました。
ほぼすべてのサンドウィッチレシピが頭に入っていたので、実践することでより記憶に定着させることができました。

でもまだまだ慣れない英語でのオーダーを取るのは一苦労。
質問なんかされた日にはパニくりますw

もうこればかりは数をこなすしかないのです!
私的には3日目にしてはよくやった!と心の中でガッツポーズでした!

週に何時間働けるの?

 

さぁ、まだ勤務始まって3日目ですが私の頭には常にこの質問が浮かんでいました。
まだトレーニング中だから1日の勤務時間は3時間半。
でも正直これじゃ高校生のアルバイト並みのお給料にしかなりません😭

オーナーに相談してみようかなと思っていたら、オーナーの奥さんと二者面談。
「働いてみてどう?何か心配なこととか不安なことない?何かあったらすぐに話してね。」
と私のことをすごく気にかけてくれているのが伝わり、本当に嬉しかった。

ここで勤務時間のことを聞いてみました。
私の希望は週35~40時間働きたいと、もしそれが不可能だったら掛け持ちで他を探さなければならないと。

オーナーの奥さんは、すぐに私が何時間働けるか確認してくれると約束してくれ、面談終了。

そして4日目からいきなりクロージングのトレーニングが始まるのです!
しかも1人で店番する時間帯あり!!!
色々急展開です!はい!

4日目に続く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です