私の英語力

 

英語圏の国にワーホリに行くほとんどの人が気にしているだろう問題。

 

英語力

 

今回は私の英語力と今までどうやって英語と関わってきたか、まとめてみました。

先に言っておきますが、私の旅を始めたころの英語力、中学生…いや、小学生レベルですよw

では早速行ってみましょう!

私の英語力

 

まずは私の英語力。

自分で自分の英語力をどれくらい喋れるのかを表すのって難しいのですが、私は下の英語のセンテンスを自力で作るくらいの英語力があるって言ったら伝わりますかね…

Thank you so much for your time and giving me an opportunity to have an interview today.
It has become my first interview in Canada.
Actually, I had lost my confidence because I hadn’t got an interview since I came here.
But you gave me a chance to have it and it has become my confidence.
You gave me also advice that speak loudly, don’t be shy and always smile.
I’ll practice them and never forget.
Thank you so much again.
I look forward to hearing from you.

これはサブウェイの面接が終わった後にオーナーに送ったメールなのですが、私が知っている単語や文法を屈指しネットや辞書を頼らずに作った文です。

中学レベル?高校レベル?よくわかりませんが、簡単なコミュニケーションなら取れます。

22歳の頃の英語力

 

私が旅を始めた22歳の頃の英語力と言ったら….
goがgoesになることも知らなかった😱
doがdoesになることも知らなかった😱

単語のボキャブラリーも少ないし、っていうかもはや皆無。
センテンスなんて作れませんでした。

英語に大事な時制の使い方も全く分かってなかったし、とにかく私は英語に全く興味がなかったw
別に英語できなくても旅はできたし特に困ったと感じたことがなかったのです。
本当に本当に本----当に喋れなかった。

まぁしかし色々とあり、英語を習得しなければいけない状況に。
嫌々始めました。

普通さ、英語を勉強したいとか身に付けたいとかって自主的に取り組むものだと思うのですが、私の場合はもうとにかく英語が嫌で嫌で仕方なかった…

その時出会ったある方のブログの英文法の説明が分かりやすくて少しずつですが、英語を習得することが楽しくなっていきました。

 

英語を嫌いになった一番最初のきっかけ

 

これ、ちょっと面白いのでシェアしますねw

去年末に亡くなった私のおばあちゃんは英語が流暢でした。

若い頃米軍基地のスーパーのキャッシャーをやっていたとか!
なので私が保育園の頃、よくおばあちゃんにアルファベットを教えてもらっていました。

幼いながらに英語に憧れを持っていた私は一生懸命アルファベットを覚えたのです。
全部覚えることができ、大満足の私!

これで英語が読める!!!!と思っていた私に辛い現実が。w

例えば日本語の平仮名だったら「りんご」と書いてあったら「りんご」と読みますよね。
私はアルファベットも同じ仕組みだと思っていたのです。w

例えば「apple」だったら「エーピーピーエルイー」こういう風に読むものだと思っていました。
実際は「アップル」ですw

この英語の仕組みを知らなかった私は相当な衝撃を受けましたwwwwww

今となっては笑い話ですが、その当時の私にはショックだったのでしょう。w
そこから英語を勉強した記憶はございません。😱w

25歳の時フィリピン留学

 

意を決し、フィリピン留学!

自分で勉強するって時に限界を感じます。

分からないことがあっても誰にも聞けないので解決までに時間が掛かる。
そして時に自分だけで解決できず、もやもやすることがある。

学生時代には気付かなかった学校の有難みに気付いた25歳の私は3か月×24時間一切日本語を使わないという環境に身を置き、ストイックに勉強。

この時が1番英語が伸びましたね。

3か月の留学期間を終え、日本語を喋ったときの違和感と言ったら!w
脳が英語脳になっているのを実感できた貴重な瞬間でした😆

帰国後はDMM英会話したり、ストイックにではありませんが英語に触れていたのですが、色々とあり嫌々英語を習得しなければならない状況から英語を習得しなくてもいい状況になったのです。

それもあり、ほぼ英語に触れることはなくなっていました。

カナダに来るもネイティブの英語が速すぎて理解できない問題

 

少し英語に触れていたので英語に対する抵抗感はない状態で挑んだカナダワーホリ。
まぁ確かに少しは喋れます、少しは

ですがカナダに来て直面したのは、

ネイティブの英語が速すぎて理解できない問題!

でした。

私が今まで聞いてきた英語は何だったんだ?と言うくらい、何言っているのか分からない。

銀行で口座作った時の担当のお兄さん、ほとんど分からなかったよう。涙

道を聞いてきたおばあちゃん、まじで一言も聞き取れなかったよう。涙

バスの定期を更新するときの窓口のお姉さんも聞き取れなかったよう。涙

みんな喋るの早すぎるよ….😱

私の耳は完全に第2か国語で英語を喋る人の英語に慣れていて、ネイティブの英語には全く慣れていません。

なので未だにネイティブ達の会話は付いていけません。
お客さんとのスモールトークも頑張って単語を聞き取り6割7割くらいを理解するのが精いっぱい。

これが私のリアルな英語力です。

私の英語に対する目標

 

元々英語が嫌いだった私は、多分今も英語が好きかと言われたら嫌いですw(えっ?)
というか、英語を習得することが義務になるのが嫌で「英語を勉強しなきゃいけない」という強迫観念に駆られるのが嫌なんです。

25歳の留学からもう4年!早い!
4年間本気で勉強していたら結構良いところまで来てると思いますが、今の私はネイティブとスムーズな会話をすることは難しいです。

今カナダでまたDMM英会話を始めましたが、気分が乗らない時は受講しないし、勉強勉強となると嫌になってしまうので、先生とは自分が話したいことを英語で話してます。

今の私は1日に何時間も英語と向き合うという事はしていません。
毎日勉強しているわけでもありません。

でもこの距離が今の私にとってベストな英語との距離感なのかなぁと。

嫌々ながらにも、少しずつではありますが英語に対する知識も得られたし、ボキャブラリーも22歳の頃と比べたら格段に増えたし、今の私のモチベーションは

「英語を嫌いにならないように自分のペースで習得していく」

です。

カナダに居るのにストイックに勉強しているわけではありませんが、それでいいんです。
嫌いになって投げ出してしまうよりはマシだから。

英語を習得したらこうなりたい、あぁなりたいっていう具体的な目標も正直今はありません。
でも一つ自分の中で分かっているのは、英語を喋れて損はないこと。

今まで少しずつではありますが、英語を勉強してきたお陰で今サブウェイで何とか働けているわけです。
22歳の頃の英語力じゃ多分雇ってもらえなかったと思います。

なのでこれからもマイペースに少しずつ英語の勉強、習得を続けていこうと思います。

 

みなさんは英語を習得する目標ってありますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です