2ヵ月かけて旅をしたインドのラジャスターン州、ルートと各都市のレビュー紹介

 

みれい
今回は2019年1月から2ヵ月間旅をしたインド北西部に位置する、ラジャスターン州の旅ルートと各都市のレビューを書いていきたいと思います!

 

いやー、インドはやっぱり大きい。

当初の予定では南インドまでいくつもりが、全く時間足りなかったw

今はコロナの影響で旅ができなくなってしまいましたが、いつかこれが落ち着いたら動き出す方たくさんいるのではないでしょうか?

そんな方たちのために、少しでも情報共有できたらなと思っております!

ではさっそく行ってみましょう!

 

ラジャスターン州について

 

まずは場所の確認から。

赤くマークしてあるところが隣国パキスタンと国境を接している、インド北西部に位置するラジャスターン州です。

州の大きさはインド一を誇り、世界遺産も数多く存在ます。

その昔存在した王国の宮殿などが今現在も数多く残り、日本にはない建築様式に圧倒されること間違いなし!

ジャイプール、ジョードプル、ジャイサルメールって聞いたことありますか?

インドを旅してると良く聞く地名で、旅人の人たち割と行ってる人多いんじゃないかな?

全部ラジャスターン州にあって、かなり見どころあります!

普段あまり観光しない私ですが、この2ヵ月間はきっちりしっかりと観光しました!w

西部に広がる広大な砂漠でキャメルサファリにも参加!しかも2回♪

観光地化が進んでいる地域が多かったので、旅しやすかったのが私の印象です!

 

実際に旅したルート

 

ニューデリーから始まり、
ジャイプール
ビカネール
ジャイサルメール
ジョードプル
ウダイプル
アジメール(プシュカル)
ジャイプール
アーグラー※アーグラーはウッタル・プラデーシュ州にあります。
ニューデリーというルートで旅をしました。

本当はジョードプルから一気に南インドのハンピに行く予定が、インド出国まで残り2週間半を切った時点でジョードプルに居たためそこから一気に南下してハンピに行っても(移動で丸2日掛かる)バタバタしてゆっくりできないってことで、ハンピ行きを断念してウダイプルや、プシュカルを周ることに。
インドは長距離の移動は特に移動に時間が掛かるので要注意です。
参考までにジャイプールからから見たハンピの場所を。↓

 

私の独断と偏見による都市ごとのレビュー

 

私個人のレビューですがよかったら参考にしてみてください♪

 

ジャイプール

オススメ度 ★★★★★
フォトジェニック度 ★★★★★
また行きたい度 ★★★☆☆
マニアック度 ★☆☆☆☆
通称ピンクシティーと呼ばれているジャイサルメールの州都ジャイプール。
特徴的なピンク色の建物が多く見られるフォトジェニックな街。
観光名所も多く、見どころ満載!
更に天然石のマーケットとしても有名で、世界中からバイヤーが買い付けに来ています。

超有名な観光スポット、ハワーマハル

 

ビカネール

オススメ度 ★★☆☆☆
フォトジェニック度 ★★★☆☆
また行きたい度 ★★☆☆☆
マニアック度 ★★★★★

ジャイプールでインド人から教えてもらったビカネール。
全く聞いたことない地名だったので興味半分で行くことに。
砂漠地帯にある小さな街で、あまり知られていませんがビカネールでもキャメルサファリはできます。私はしませんでしたが…。
そして偶然か?外国人ツーリストを全く見なかった!まだあまり知られてないコアな場所なのかも?
ネズミ寺院とやらに行ったんですが、そこら中に居るネズミに私は発狂でした…今までで一番衝撃的な寺院だった…….

この建物の中には数えきれないほどのネズミが…..しかも土足厳禁…..

ジャイサルメール

オススメ度 ★★★★★
フォトジェニック度 ★★★★★
また行きたい度 ★★★★★
マニアック度 ★★☆☆☆

パキスタン国境にほど近い、通称ゴールデンシティーと呼ばれているジャイサルメール。
周りを砂漠で囲まれているため、キャメルサファリなどのアクティビティも充実。私は砂漠で野宿スタイルで宿泊しました!
そして世界遺産に登録されているジャイサルメール城塞内にはホテルが多数あるので宿泊することも可能。
異国情緒溢れる城塞内を散策するとどこかへタイムスリップしたかのよう!
本当にオススメです♪

夕日に照らされるジャイサルメール城塞は本当に美しい…

ジョードプル

オススメ度 ★★★★☆
フォトジェニック度 ★★★★★
また行きたい度 ★★☆☆☆
マニアック度 ★★☆☆☆

旧市街の家々の壁が青く塗られていることから通称ブルーシティーと呼ばれているジョードプル。
こちらも人気の観光都市です。
漫画ワンピースのモデルとなったとも言われていて、それ見たさに訪れる人もいるそう。
まるで街に浮かんでいるかのようにそびえ立つメヘラーンガル城も人気の観光スポットです。

こちらの時計台がワンピースに登場するとか?

ウダイプル

オススメ度 ★★★☆☆
フォトジェニック度 ★★★☆☆
また行きたい度 ★★☆☆☆
マニアック度 ★★★★☆

白い建物が多いことから通称ホワイトシティと呼ばれているウダイプル。
人工的に作られた湖に建てられた宮殿ホテル、タージレイクパレスではマハラジャ気分を味わえること間違いなし!(宿泊費高すぎて私には1ミリも手が届かずw)
そしてウダイプルには細い筆1本で絵を描き上げる細密画アーティストが沢山いて、街で絵が売られているのをよく見かけました。
ワークショップなんかもあったので興味あるかたは参加してみるのも良いですね♪

これが私が外から眺めることしかできなかったタージレイクパレスですw

プシュカル

オススメ度 ★★★★★
フォトジェニック度 ★★★☆☆
また行きたい度 ★★★★★
マニアック度 ★★★☆☆

ヒンドゥー教の聖地となっているプシュカル。
5大巡礼地の一つで、湖岸がコンクリートで綺麗に整備されたプシュカル湖では沐浴をする巡礼者の姿を見ることもできます。
お買い物天国としても知られるプシュカルは世界中からバイヤーが買い付けに来ていて、可愛い雑貨や衣類、アクセサリー類など、安く手に入れることができるのでスーツケースやバックパックにスペース空けといてくださいね!!

次プシュカルに行ったら色々買い物したい♪

 

まとめ

 

以上私の独断と偏見による各都市のレビューでした!

いかがでしたか?

それぞれの街に違った味があり、やっぱりインドは面白いと思わせてくれる。

それにしても、ジャイサルメールにはピンクシティーとかブルーシティーとかゴールデンシティーとか色で都市の名前を表していて面白い!

誰が考えたんだ?

まだまだ奥が深すぎるインド…

各都市の見どころなども別記事でまとめていこうと思います。

ラジャスターン州も広大なインドの一部にしか過ぎない…

また旅をしにインドへ必ず戻るぞ!!

みなさんに少しでもインドの魅力を伝えられるように、インド記事もバンバン書いていこうと思います!

最後まで読んでくれてありがとうございます🙇‍♀️

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です